« 「正義」はどこに行けば購入できますか?(ソフトファシズム/野球賭博/江川紹子/TBS) | トップページ | 〈欺瞞言語〉は、いかにしてバラ蒔かれていくのか。①(「日経新聞」にその具体例をみる) »

2010年6月24日 (木)

遂に英国が、独仏と連携した。(無能日本官僚は世界から相手にされていない)

遂に英国が、独仏と連携した。
(無能日本官僚は、どうして良いか分からず、「日本をギリシャ化するな」とか言う空々しいデマを自国民に向けて飛ばすのがせいぜいで、自国の立場を世界に表明する事さえ出来ない。
日本がギリシャ化する危険性が差し迫っているのなら、なぜ「円」がリスク回避通貨として買われ続けるのか、国民に対して分かりやすく説明せよ。
無能集団は、世界に対しては何も言えない反動で、自国の大衆に大増税を仕掛けてウサ晴らしをしている。その程度の犯罪的無能集団の口車に乗せられる謂れは私たちにはない。
長年に渡る、日本官僚の経済的・外交的無策と失政の連続は、日本国を米国の軛から抜け出せないような隘路に自ら追い込み、何か事あるごとに、国民大衆につけ回しをする政策しか取れなくなっている。
国民を踏み台にし、国民を犠牲にする事で自分たちだけは生き残ろうとしている日本官僚の犯罪的実態を直視しましょう。
この者たちは、世界のエリートからは一切まともに相手にされておらず、この者たちに媚びを売られ続ける米国の為政者・政策スタッフらも便利だから利用しているだけに過ぎず、内心は虫けら同然に思っているはずだ。
なぜ、私たちにはそれが分からないのでしょうか。)

(以下、『』内は、引用)
『英仏独:銀行税で共同歩調、G20に提案――先行して導入へ』
[6月22日ブルームバーグ]英仏独が金融機関のバランスシートに課税する銀行税の導入を提案した。
ドイツ政府が3ヵ国の共同声明を公表した。26日に開かれる20ヵ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で他諸国の反対を克服するため、サミットを前に3ヵ国の共同歩調をアピールする狙いがある。英国のキャメロン政権はこの日、平時としては最大規模に膨らむ財政赤字の削減に向けた緊急予算案の一環として銀行税の導入を発表した。
ドイツ財務省が電子メールで公表した共同声明によれば、独仏両国も自国の銀行税の詳細について詰めの作業を進めており、フランスが来年度の予算案に盛り込む方針。ドイツ政府は今夏の法案公表を目指している。
共同声明は「3ヵ国の銀行税はいずれも金融機関に対して、金融システムとより広範な経済に及ぼすリスクを反映する公正な貢献を求め、こうしたリスクを減らす方向でバランスシートの調整を確実に促す狙いがある」と説明した。』

こうした動きに対する米国側の本音とは次のようなものだろう。
『米財務長官とサマーズ氏が、G20の過度の赤字削減に警鐘』
[ワシントン22日ロイター]
ガイトナー米財務長官とサマーズ国家経済会議(NEC)委員長は22日、ウォールストリート・ジャーナル紙に共同で寄稿し、G20諸国が財政赤字削減に急ぎ過ぎれば、世界経済が再び景気後退に陥る恐れがあると認識を示した。
両氏は「われわれは長期的な赤字削減への取り組みを表面する必要があるが、目先の成長を犠牲にすべきではない」と指摘。
「今成長を実現しなければ、赤字はさらに増え、将来の成長が阻害されることになる」と述べた。
今週のG20首脳会議では財政赤字の削減をめぐって、米国と他の諸国が対立する可能性がある。
英独仏は22日、G20首脳会議を待たずに銀行特別税を先行導入する方針を表明。
金融危機の再発防止をめぐる各国の対応にも温度差が出始めている。』

もし、日本官僚が本当に優秀ならば、G20という機をとらえて、「日本の財政赤字は巨額だが、ギリシャ危機に端を発するような世界的な通貨危機の発信源となるリスクは極めて低い」といった国際的な言質を取る事が可能なはずである。
それが出来ないとすれば、日本官僚とは、G20に集う世界のエリートから、虫けらのように軽蔑され無視されている事の証明になる。
私たちは、虫けらの群れをを日本代表として国際会議の場に派遣している事を悔いるべきだろう。

|

« 「正義」はどこに行けば購入できますか?(ソフトファシズム/野球賭博/江川紹子/TBS) | トップページ | 〈欺瞞言語〉は、いかにしてバラ蒔かれていくのか。①(「日経新聞」にその具体例をみる) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/35472689

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に英国が、独仏と連携した。(無能日本官僚は世界から相手にされていない):

» 選挙が公示されたが。民主党の耐えられない軽さ。仙石官房長官発言への違和感。 [瓶詰伝言]
 たった一つの新聞記事でどうのこうのとあげつらうのもどうかと思うが、それにしても・・。 以下引用 仙谷官房長官、消費税の使途「国民の声聞く仕組みを作る」 仙谷由人官房長官は24日午後の記者会見で、参院選で菅直人首相が掲げる消費税率引き上げを巡り「使途は個人的には医療が一番だが、教育、介護、年金もある。与野党の検討会議なり、広く国民の声を聞く仕組みを作って、その議論の中から優先順位を決めていく」との... [続きを読む]

受信: 2010年6月25日 (金) 12時36分

« 「正義」はどこに行けば購入できますか?(ソフトファシズム/野球賭博/江川紹子/TBS) | トップページ | 〈欺瞞言語〉は、いかにしてバラ蒔かれていくのか。①(「日経新聞」にその具体例をみる) »