« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ。2 | トップページ | 「朝日新聞」に勝利する「橋下・維新の会代表」という図を演出するための捨て身の“仕掛け記事” »

2012年10月19日 (金)

不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!2(再掲)

以前、私は同じタイトルで、「維新の会」をめぐるメディアの有り様を徹底的に揶揄しておいた。
ラッブ調の、なかなかの名文ではなかったかと思うのだが、まぁ、韻を踏むところまで作り込んでいないところが珠にキズというところだったろうか(笑)
自身のブログを振り返ってみると、今年に入って「維新の会」及び「橋下徹」批判の文章がかなり多いことに気付く。
以前にも書いたが、橋下徹という人は非常に攻撃誘発性の強いところがあって、それは彼の挑発上手といじめられっ子属性が上手にブレンドされて漂ってくる香りに反応してしまっているからかも知れない。
そういう意味では、私も彼に十分乗せられてはいるのだが、それでも自らに課していたのは、“報道マフィア共同体”の、そのメタレベルに立ち続けることを意志し続けることだった。そうでなければ、批評/批判の言はいつでも佐野眞一レベルまで堕ちることが可能だから。
彼の出自については確か大阪市長選の前に既に『週刊文春』が暴いており、それでも彼の人気は落ちることはなかったのだが、きっと彼を評価しようとする人たちは、彼の出自がどうあれ、彼のチャレンジャーとしての姿勢に期待を寄せていたのであり、彼の出自がどうのということについて決定的な要素とはみなしていなかったのだろう。それは戦後民主主義が辛うじて保持している類の健全性の証と言って良いのではないか。
今、橋下人気が落ち始めているのは、彼のチャレンジング精神が、単に見せ掛けの欺瞞的なものに過ぎないことが否応なしに透けて見えて来たからに他なるまい。
ところがここに来て、逆説的に橋下を側面支援する“効果”を有した『週刊文春』の俗悪記事を再現するどころか、それを深堀りすることによって『橋下的なるもの』のベタな宣伝広告を始める媒体が出現した。
名物編集長たる山口一臣を更迭した『週刊朝日』がそれである。
既に“話題”になっているが、タイトルからしてスゴい。
『ハシシタ 救世主か衆愚の王か ……橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す』
正直言って、『救世主』も『衆愚の王』も現代には必要とされないものであり論点が最初からズレている。『郵政民営化、賛成か反対か』と同じ論法であり、当時それが公務員改革の象徴であるかのように扇動していた言論自体が欺瞞であったことが今になってみれば明らかなように、論点をズラすことによって『衆愚の王でなければ救世主なのだ』というズレた選択肢を“衆愚”に投げ与えているのが、この手の宣伝広告の“初期設定“なのだと言える。
まず、私たちはこの点をしっかり押さえておくべきだろう。
端的に言って、これは落ち目になった芸能人が自らの醜聞やヌードをさらけ出すことによって話題をさらおうとする手法と何ら変わるものではない。
そう指摘してしまえば、もうこの件は終わりにしてしまっても良いのだが、それでも私は当ブログで、橋下も調子に乗るのは結構だが、悪質な者たちが近縁に犯罪者のいるような者はそもそも公職に就いてはならないみたいなことを言い出したらどうするつもりだ、そうなったら、橋下を政治的に擁護することは一切しないが、その言論の劣化に対して抗議の念を表明する旨を記した記憶がある。
よって、ほとんど読者の存在しないような当ブログではあるが、自らの言質に忠実たらんためにも、『週刊朝日』という雑誌の複合的な堕落性をここに糾弾しておこうと思う。
私は、当ブログの'11年10/8のエントリーにおいて『「小沢裁判」に関する各紙・各者の反応について』とタイトルし、佐野眞一なる自称ノンフィクション作家の情緒的過ぎる小沢批判文を取り上げて批判しておいた。
と、どういう経緯があるのかないのか知らないが、この『ハシシタ 奴の本性』なる記事のメイン執筆者もその同じ佐野眞一なのである。(ハイ、ここ笑うところです)
政界も官界も人材不足が著しいようだが、どうやらメディア界も人材不足著しいようで、特定の“命”を受ける役割、率先して“汚れ役”を引き受ける役割の人材が払底し始めているようだ(笑)。
この佐野眞一なる人物、自称「ノンフィクション作家」ということのようだが、要するに「実話作家」ということだろう。
ところが、この「実話」という言葉、現代日本語には独特のニュアンスが絡みついている。
ちなみに、「実話」という語を三省堂の辞書で引いてみたところ、1実際にあった話2実際にあった事を記した読み物、となっており、ここからは現代日本語としての「実話」の独特のニュアンスはくみとれない。
ところが、「実話」をWikipediaで引いてみると、たちまち興味深い記述に出会うことになる。(といって、だからWikipediaの方が優れていると言いたいのではない)
最初は「実話」→「ノンフィクション」というオーソドックスな誘導があるのだが、下の方を見ていくと「実話誌」という項目があり、そこをみるとこうある。
『実話誌とは、芸能人のゴシップ記事、ヤクザ(暴力団)関連の話題、ギャンブルやレジャー、性風俗情報や女性ヌードグラビアなどで構成される大衆娯楽雑誌…中略…「実話」は真実のストーリー(real story)ではなく「実」(み、つまり中身・内容)のある話(faction)という位置付けになっている』
位置付けになっている、などと言えば聞こえは良いが、私なりに言い換えれば、「実話」とは「実=身」すなわち「身につまされる、身に覚えのある、身も蓋もない、身を落とした、身を持ち崩した」という形容が相応しい話の総称、寄せ集めを指すと考えるべきであり、それが現代日本語として「実話」という語にまとわりつくニュアンスなのである。
なぜ、そんなニュアンスがまとわりついたのか?
私が〈意味のインフレーション〉と呼ぶ現象が「実話」という語に起きたからにほかなるまい。その経緯の詳細は下らないから省くとしても、要するに「実話」とは、〈堕落した世話物と堕落した事件記事が出会う場所、そこから生じた文学的継子〉とでも形容すべき読み物なのであり、限りなく“アヤしい”読み物、昇華/浄化の契機を持たないどこまでも地を這うような近代文学の最終的堕落形態と呼ぶに相応しいものと言える。
いみじくも橋下は、世話物たる「曽根崎心中」を評して、「クライマックスが淡白過ぎる」とかなんとか言ったようだが、橋下が世話物に求めたものを遠慮会釈なく露悪的なものにすれば、それは単に「下世話物」になるほかないのであり、現代の「下世話物」それが「実話」の文学史的な位置付けであり意味となる。
その「実話の王/下世話物の大家」が、どうやら満を持して『週刊朝日』なる“実話誌”にいよいよ登場することに相成ったようなのである。
まぁ、なんともこれ以上ない胡散臭さが立ち上って来るではないか。
ところで、先述したように薄っぺらなメディア芸人にとっては、醜聞/スキャンダルも時としてこの上のないご褒美となる。ましてや、自らが被害者、悲劇中の人物であるかのように仕立てられた醜聞は格好の宣伝広告の材料であり機会だ。
一方で、例えば小沢一郎のように内実/中身で勝負をしている紛れもない実力者は、醜聞/スキャンダル仕立ての“実話”をカネやタイコ付きで喧伝されてもまるで相手にしない。
「そんなものをいちいち相手にしているヒマはないのだ」ろう。
ところが、中身のないメディア芸人は待ってました言わんばかりにそれに飛び付き、テレビカメラの前に立って見せ、怒ったり泣いてみせたりして人々の耳目を引き付けてみせる。
共謀者然とした芸能レポーターが白々しくも訊ねる。
「○○さん、これからどうするんですか?」
「皆様がひどい目にあって大変だねって声を掛けてくれるんですけど、それがどんなにワタシの力になることか。皆様の気持ちに応えるためにも、こんな誹謗や中傷なんかにめげないで、これからも精一杯頑張ります!!」
「お〜!」
あ〜、バカバカしい。

佐野批判をするつもりで、いつのまにか橋下批判になってきているが(笑)、まぁ、同じギョーカイに住む人たちのする“プロレスごっこ”を批判しようとすれば、こうなってしまうのは当然だろう。
それにしても、佐野の自らが為す情緒的批判に居直った記述は常軌を逸している。そこには、最低限守るべき倫理を意図的/意志的に放棄している姿しかない。
実際、次のような記述がいたるところにある。
『初めに断っておけば、私はこの連載で橋下の政治手法を検証するつもりはない』
(政治家の政治手法の検証をせずに、何を検証しようというのか?ああ、そうか、DNAか。だったら、まずは「人ゲノム研究所」かどこかに橋下親子のDNAを提出して来いよ。いや、そもそも政治手法の検証とは何だ?まずは、政策の検証、施政の検証、その上で政治手法の検証だろう。こういうことをエラソウに宣明してしまう人間など相手にする方がどうかしている。)
『橋下のような男が注目を集めているのは、いうまでもなく、日本の議会政治が歴史開闢以来の最低の状況というより、いまや完全に機能不全状態に陥っているからである。』
(情緒的論者に特有の筆法に、自信満々の断言/断定を下しながら、その理由も分析も一切提示しないというものがある。なぜ『今や議会政治が機能不全に陥っている』のか。あなた方「報道マフィア」が見境も情況判断もなく、小沢排除に一役も二役も買うようなことをしでかして来たからではないのか、バカバカしい。)
『不気味なのは、橋下の支持者たちが自分の殻に閉じこもって顔を見せないことである』
(だそうですよ、堺屋さん、竹中さん、古賀さん、高橋さん、言われちゃってますよ、事実誤認ですよねぇ。まぁ、私にとってあなたがたは別の意味で不気味ですけど…。)
『これはまごうことなく中上健次の世界だな、と思った』
(思うのは勝手だが、こんなド三流下世話物専任作家が中上健次の小説から何か読み取れるのだろうか?読み取れる力があるのなら、恥ずかしくて下世話物作家など廃業しているはずだろうに。)
ツッコミを入れ始めれば切りがないのでやめるが、この手の(特定のそれこそ“政治的意図”を隠し持つ)情緒的批判などというものは、そこに目を覆いたくなるほど汚ならしい言辞が連ねられていようとも、反論しようと思えば反射神経のみで即座に反論可能なのであり、むしろ(たとえそれが事実か否かとは関係なく)本質を外した卑劣で愚劣な批判的言辞が連ねられていればいるほど反論は余りにも容易なのであり、実際、橋下も当然のごとく速攻で反論を開始している。
そして、そういう馬鹿馬鹿しい次元のモノを、共謀者たる「報道マフィア」どもが、あたかも政治的な重大ニュースのように報じてみせている現実。
この国の政治報道など、いつでもこのレベルなのだが、しかしそれにしても良くやるよ、としか言えず、穴があるならこっちが入りたくなる恥ずかしさであり浅ましさ、あざとさ、えげつなさだとしか言えない。
まさにこの構図自体が〈封建的残滓〉と呼ぶに相応しい不潔さと言うほかあるまい。
どうして、このような〈いかがわしくも下品なエセ闘争〉が大々的に陳列棚に載せられなければならないのか。
端的に言って「小沢隠し」……目的はそこにのみあると言っても過言ではあるまい。
そして、政局的/謀略的予測をあえて述べてしまうとするなら、このような記事は、橋下が“その筋”の人たちからは見限られつつあり、「“奴”は賞味期限切れが意外と早かったので、もう次は小泉Jr.で。安倍の次はもう小泉で良いだろう」的なサインとして読み取るべきものかも知れない。
いずれにせよ、私たちは、このテの“闘争”は〈不幸で下劣な闘争〉に過ぎないのだと見切り/見限って、冷笑とともに観察すべきだし、そのようなスタンスを崩されぬよう〈思想的自律神経〉の恒常性維持に気を使うべきだということだけは強調しておきたい。

(ご当人たちは、余りにも頭が悪過ぎて、大真面目にケンカしているつもりになっている可能性もなきにしもあらずだが、もしそうならそれはそれで単に絶望的なだけだ。「実話誌」特有の世界、今も「実話誌」に一定のニーズを発生させる特殊な才を持つ物書きのいる現実、そのような方の存在意義を全否定するつもりはないが、妙な“闘争”で人心を惑わせ、社会に迷惑をかけないようにだけはしてほしいものだ。)

|

« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ。2 | トップページ | 「朝日新聞」に勝利する「橋下・維新の会代表」という図を演出するための捨て身の“仕掛け記事” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/47515760

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!2(再掲):

« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ。2 | トップページ | 「朝日新聞」に勝利する「橋下・維新の会代表」という図を演出するための捨て身の“仕掛け記事” »