« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!2(再掲) | トップページ | 「正視に耐えぬ現実」、あるいは「小沢排除」の帰結として瞬く間に広がった社会的荒涼に関する点描。 1 »

2012年10月19日 (金)

「朝日新聞」に勝利する「橋下・維新の会代表」という図を演出するための捨て身の“仕掛け記事”

山口一臣前編集長時代の『週刊朝日』は、「小沢問題/検察・最高裁スキャンダル」について『朝日新聞』本紙とは全く異なるスタンスの論陣を張った。
その山口が編集部を去ったのは、推測でしかないが、実質的な更迭ではなかったかと思われる。

彼の“更迭”以降、『週刊朝日』などというどうでも良い週刊誌の内容など気にもかけていなかったし、ネットでも話題になることがなかったことから推測して、多分、当たり障りのない「記者クラブ払い下げ」みたいな記事を掲載し続けていたのだろう。

ところが、その『週刊朝日』が、ここに来て、少なくともメディア界にこれ以上ない俗情を煽る下世話な話題を提供することになった。
それが、前回のエントリーでも言及した『ハシシタ 奴の本性』なる記事である。
それにしてもこの、目にしただけで「え?」と、思わず目をこすってしまいそうになるタイトルはどうだろう。
一見挑戦的ながら、しかし、良く考えてみればほとんどノーガードの脇の甘さは、まるで「早くワタシを批判して!攻撃して!」と腹を見せて横たわっている負け犬の鼻鳴きのようなものではないか。
案の定、橋下徹は、まるで鬼の首でも取ったかのような勢いで、『朝日グループ』からの取材拒否を発表し、記者会見では、さすがにその場で反論など出来るわけのないことが予め分かりきっている一朝日記者を居丈高な態度でやりこめたようだ。
もちろん、そこにはテレビカメラが入っており、ご丁寧にも延々と中継してみせた読売系列のワイドショーもあったらしい。(しかも橋下は、なぜか在阪局のABC放送については朝日新聞との資本関係が希薄とかいう理由で取材拒否をちゃっかり解除していたとのこと(笑))
前回のエントリーで私は、このような“闘争”を「不幸で下劣な闘争」と形容したのだが、その後の経緯を観察するに、この騒動は“闘争”というより“仕掛け”と解釈した方が良いのではないかと思うにいたった。
そう解釈せずには納得できない点が多々あり過ぎるのだ。
まず、何よりも「差別問題」については常に腫れ物に触るような対応をするのが常であるマスコミ、特に新聞社系列の媒体が、あまりにもそこに無頓着な点である。
昨日は、「小沢問題」について常軌を逸した情緒的批判文を新聞に発表していた佐野眞一なる人物の胡散臭さについて集中的に言及してみたのだが、思えば、タイトルから本文まで愚劣な差別意識に満ち満ちているかのようなものをメインの記事にするにあたっては、編集部としてそれ相応の覚悟があったはずなのである。
でなければ、プロとして完全に失格どころかプロとして異常だろう。
にも関わらず、『週刊朝日』のナントカいう編集長は、橋下が髪を逆立てた程度で瞬く間に謝罪発表を行ってしまったのである。
これはいったいどういうことなのか。
編集長なのに原稿や下刷りすら見ておらず指摘を受けて一挙に青ざめたのか、それとも電光石火の謝罪会見は“シナリオ”のうちだったのだろうか。
それが「問題記事」であることぐらい誰が見てもあからさまであるものを世に問うた雑誌の編集長としては、どうにもお粗末な対応過ぎて、余計な憶測を呼ばざるを得まいに。
しかも、昨日今日の状況下で、あたふたと二回目以降の連載の中止を決めてしまったのだという。
あまりにも対応が早過ぎて、むしろ不自然に過ぎる。
この編集長は逃げ隠れせずに、どのような意図をもって「問題記事」であることぐらい瞬間的に判断できるはずの記事をあえて掲載することにしたのか、社会に対する説明責任を負っている。
次に、「緊急連載」と銘打っているその「緊急性」とは何か、ということ。
例えば、独占的スクープネタなら、「緊急性」が重要になるのは当然であり、たとえ連載記事であっても、まずはスクープネタを披露することが優先されるだろう。
しかし、今回の記事の場合、スクープに値するような内容はほぼ皆無だ。
橋下に関する出自ネタなら『週刊文春』その他でもはや相当程度知れ渡っているはずの既報ネタでしかないし、パーティ券がどうしたこうしたは、確かにせこい事をするものだと有権者を鼻白ませる効果はあっても、スクープネタというほどのものではない。
なぜ、この程度の読み物を“緊急連載”しなければならないのか。どうにも腑に落ちないとしか言えない。
また、緊急性という意味では、状況が過剰に流動的であるために、そこにいわば楔を打ち込む効果を狙って、暖めていたネタを即席的に投じるということはあるだろう。
しかし、そういう意味においても、既に橋下及び「維新の会」の下降トレンドが明白になった時点で、そこにつまらない誹謗中傷記事をわざわざ上乗せしなければならない“緊急性”は乏しいと言うべきだ。
むしろ、状況的には、橋下に「朝日新聞をやっつける姿」を演じさせて支持率回復に寄与する“緊急性”があったのではないかと考えた方が辻褄が合う。
こうして見てみると、安部自民党総裁の登場で、政治的存在感が希薄化しつつあった橋下徹に再びスポットライトを当ててあげるため、逆襲されることが予め分かっている捨て身の“緊急連載”が、今回の記事だったと考えるのが最も合理的であると“推認”されるほかない。
新聞記事のカテゴリーの中には、俗に言う「飛ばし」とか「アドバルーン」などというある種の“愉快犯”型とも言うべき、騒動をあえて引き起こすことを狙ったり、対象や読者の反応を見る意図で流すものがある。
その他にもこの業界には「仕掛け記事」とでも呼ぶべき手法もあるのではなかろうか。
「それが話題にされることによって、ある種の“現実”を出来させるために意図的に書かれる記事」……そのようなものがあるはずだ。特に政治的な分野において。

そういう意味では、読売新聞が一面で仕掛けた自称(?)ハーバード大講師をめぐるiPS細胞の応用騒動にも似たような意図を感じる。
「現実に起きたことを報道する」のではなく、「あるしゅの仕掛け/意図をもった報道が、一定の方向性を持つ現実をつくっていく」ような記事。
そういう、もはや報道とは言えない「記事」が多くなっているかも知れない実態に私たちは敏感であるべきだろう。
そして、まんまとその「仕掛け/意図」通りの反応を示してしまうのではなく、そのメタレベルに立つべく神経を研ぎ澄ますべきなのだろう。
「報道マフィア」たちも、今や背水の陣を敷いているのは間違いないのであり、捨て身の「仕掛け」を今後も仕掛けてくる可能性が高い。
私たちは、一切そのようなものに同調、共振しないよう「冷笑と分析」によって対処していくべきだ。

|

« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!2(再掲) | トップページ | 「正視に耐えぬ現実」、あるいは「小沢排除」の帰結として瞬く間に広がった社会的荒涼に関する点描。 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今晩は。このエントリー実にその通りだと思います。7月8日(日)エントリーの『不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!』も読んでみました。ヘロへロの1週間がやっとすぎて,週刊朝日の記事は最悪だぜとムカついていたのが,かなりスッキリできました。発信し続ける知的体力に感服。健闘して下さい。

投稿: 穣 | 2012年10月20日 (土) 00時04分

穣さま、お読みいただきありがとうございます。
私は、マスコミだのマスメディアだのという呼称は、最近もう使う気にならず、近頃は「報道マフィア」という言葉を多用するようになってしまいました。
あるしゅの観点からは、用いる者の人格的水準が疑われかねない言葉であることは重々承知していますが、実態は「マフィア」とほとんど変わらないのではないかとしか思えないがゆえに、あえて用いています。
今回エントリーした文章も、ほとんどは推測によって成り立っていますが、あまりにも見え透いたシナリオ感が濃厚ですね。
実際、橋下は、ツイッターで“勝利宣言”するやいなや、早々に全国行脚とやらに出掛け「けんかには勝たなければならない。そうでなければ体制の根本的な変革などできない」とかなんとか上ずった口調でのたまっていたようです。
この“スケジュール感”。
その様子をNHKあたりが、白々しくも詳細に報道してみせるいかがわしさ。
民主党政権もそうですが、我が国は救いようのない次元に堕ちつつあると思わざるを得ません。

それはそれとして、新しい環境、新しい職場に慣れるまではいろいろと大変でしょうが、何とか切り抜けられると良いですね。

投稿: にいのり | 2012年10月20日 (土) 21時25分

寝ぼけ眼ですが、何とはなしに遡って読んで、なるほどと思ったのが、2012年2月20日 (月)エントリーの『 あのさぁ、大物政治家橋下大阪市長ってさぁ、何で既得権益の権化=マスコミ批判をしないわけ?(爆笑) 』 です。週刊朝日は、落ち目の橋本人気を取り戻す手助けをしたくてマスコミ批判の口実をくれてやるべく「王手(?)」をかけたつもりかと勘ぐりたくなることしきり。2012年10月20日の日刊スポーツによると
〈 引用始め 〉
「橋下市長は19日夜、朝日新聞出版が記事の掲載を中止したことに関し「これでノーサイドだが、その前に言わせてもらう。僕の子どもにどれだけの影響があるか、じっくり想像しろ」とツイッターに投稿した。〈 引用終わり 〉
ほかのエントリーのなかで、すでに書かれていそうですが、それでは、たかが入れ墨、たかが喫煙くらいで退職させられた一番(?)弱い労働者達とその家族にどれだけの影響があるか、じっくり想像してもらいたいものだと突っ込みたくなるのです。マスコミの本音は多分これ以上「腫れもの」に触りたくはないだろうと考えています。僕は橋下徹の支持率とやらが面白くなくて、橋↓という表記を使っていたのですが、差別観を表すのに使う奴らもいるようなので止めることにしました。アタマの中が幾分すっきりしたので、今日はこれから散髪に行きます。返事を頂き、ありがとうございました。


投稿: 穣 | 2012年10月21日 (日) 14時20分

ちょっと蒸し返すことになりますけれども,ハウスミュージックってよく存じませんでした。政治だけでなく,ロックも不得意かも。っていうより,得意なことはほとんどございませんことよ。なので,あれこれ聴きまわっていましたが,渋谷陽一さんが「まあ~あ,ドラマチックでございますこと,ございますこと」と御紹介なさったミューズなどで道草を食って,本日はすっかりコワレテいますの。おゆるしくださいませ。
市長とか代表とかオイソガシーィ,ハシモッチャン(御本人が気に入ってる呼び方のようでございますよ)が,マスコミとケンカなさっていらっしゃるとか。「ザ・霞が関文学」などという言い方は,あのイシバさまでもお使いですので,わたくしとしては,「ザ・法曹界文学」などと申し上げたくはございませんけれども,文学的素養を20,000%否定なさらなくては立ち行かない法曹界から,放送業界に華々しく転身され,で,何らか修練を積まれた方にしては,サビシーィ御発言の数々ではございませんこと? 億劫ですので,いちいち引用はさし上げませんけれどもね。
コワレついでですので,余計なおせっかいをいたしますことよ。上記コメントの方,ぜひ『 2012年3月16日 (金) 』の記事 『我が国を覆う「閉塞」について、郷原信郎の提言するソリューションのベクトルとは、あえて真逆のことをこれみよがしにやってみせる橋下的政治手法(倒錯的な法令遵守原理主義)を野放しにしておいたら、日本は(真っ当な労働生産と貯蓄志向によって結果的に財をなしてしまうような正統派の日本人に怨恨の情を抱く橋下みたいなタイプの者たちによって)ボロボロに壊滅させられてしまう恐れがある。』(以下省略いたしますので,本文をどうぞ。)それと,『 2012年4月 6日 (金) 小沢一郎と橋下(4/5分再録) 』もお読みくださいませね。 ほんとうは,さかのぼってぜ~んぶお読みになられますと,わたくしのような熱烈読者となること,間違いございませんことよ。
ブログ主さま,読者のみなさま,たいへん失礼申し上げました。お詫びいたします。

投稿: 植杉レイナ | 2012年10月23日 (火) 11時28分

植杉さま、ありがとうございます。

「正統派の日本人」だとか「まっとうな日本人」といった表現は、若干問題をはらむものであることは意識して使っています。
士農工商以来の価値観が入り過ぎると、正業―虚業の対立で、生産に携わる者だけが正業を営んでいるのだというそれこそ「封建的残滓」たる価値観が入り込みやすいですから。
ただし、現代は、価値の逆転/反転/逆立により、従来の虚業に携わる人々が生産者を抑圧する傾向が強すぎると思います。
官僚というのは、実は、生産者優先の伝統的価値を保持してきているため、政策的側面からは生産者優遇/保護が過ぎている部分もあり、それが既得権益化している部分も相当ある。
今の日本は、ですから、生産者保護と自由化/規制緩和のうまい落とし所が見つけられなくなり、ただやみくもにお互いが罵りあっている不健康な状況と言えると思います。
そしてこの価値観の相剋と乖離は実は諸個人の中でもせめぎ合っている。
この辺の落とし所を見つけられるのが、小沢のような聡明な政治家のはずなのです。
私など、どちらかといえば不真面目な、まっとうではないタイプの人間なのですが、才能がないものですから(笑)、生真面目にコツコツ生きるしかないことに気付いたタイプです。
自分が生真面目にコツコツ生き始めると、いかに今の日本人が〈生真面目にコツコツ〉を忌避/回避しようとしているかが見えてくる。
だからこそ、つい「まっとうな日本人」を大切にしなければダメだ、といった表現を用いてしまいます。


ハウスミュージックは、DJミュージックと言い換えても良いと思います。
予めある音源を、DJが自由自在に加工して、新たな楽曲にしてしまう。……これって、実は「和歌」の方法論、「連歌」の方法論と変わらないんですよね。
中村とうようは、ハウスが最後まで分からなかったらしいですが、京大出のインテリが何で分からなかったのかなぁと。

ハウスについて、知識的な側面から入るとしたら『ポップ・ミュージックのゆくえ』高橋健太郎/アルテスパブリッシングが優れていると思います。

投稿: にいのり | 2012年10月23日 (火) 17時43分

ちょっと確信犯的に感想をさし上げたのですが,本まで紹介して下さってありがとうございます。
「連歌」となると,読み手の実力がともなわなければ難しい作業でしょね。こちらの記事の水準について行くのは,わたしのように無知無教養をさらして平気な図々しさがなくては,かなり難しいことです。
『現代は、価値の逆転/反転/逆立により、従来の虚業に携わる人々が生産者を抑圧する傾向が強すぎる』とおっしゃるように,第3次産業従事者が大多数であることの必然として,吉本隆明が都市生活者の生産者(とくに農林魚業)に対する贈与をイメージしていたことも記憶に新しいところです。けれども,わたしのとぼしい実感としては,「〈生真面目にコツコツ〉を忌避/回避している」のは「今の日本人」というより「今の1%」ではあります。
あと,このところマスメディアが,橋下徹をヒール扱いしはじめているように,何となく感じます。選挙が射程に入って来ると,自民党が依存している既得権益を手放せない「今の1%」が,情報操作を露骨にし始めているってことでしょうか。安倍晋三と橋下徹がすり寄る可能性を残しつつも,“しょうじきな民意”が反映されては困るのでしょうか。経団連を代表とする「1%」は,脱原発はマス・ヒステリーだとまで言います。科学が宗教として猛威をふるった20世紀は遠のき始めているというのに,マスメディアだけではなく批評家までもエネルギー政策と技術としての問題をいつも混同して,原子力をあつかいますし,東浩紀にいたっては「福島第一原発観光地化計画」とか,情緒的な近未来社会を言い,なんとももどかしい。なので,原点に戻ります。
『 Daily Cafeteria【 2011年12月30日 (金) 私たち『市民の健全な常識』は、これ以上の《集合堕落政治》《集合堕落統治》を許すことができるか? 】「人間環境の持続性維持において《市民的多様性》の確保は、地球環境の持続性維持における《生物多様性》の確保と構造的に同型でなければならない。つまり、それはダーウィニズム的な《淘汰》ではなく、あえてこなれない造語を用いれば《共続》すなわち、飽和にいたろうとしない共存共栄状態を意味する。」 』
たいへん長くなりました。申し訳ございません。

投稿: 植杉レイナ | 2012年10月24日 (水) 08時12分

こんにちは。 何かお礼言わなくっちゃあと,前回の続きです。
高橋健太郎『ポップ・ミュージックのゆくえ』ですが,先週,本屋さんを2~3軒廻りましたが見つからず,アマゾンにたのみました。今,配達されました。音楽は,感じるもので,コトバに置き換えたくないって“逃げ“ててもダメかなと,注文してみたのです。「はじめに」で,「ボブ・マーリーが死んだ次の年、僕は……」 手に入れて良かった。サイコーに読みたくなる本でした。お教え頂き,どうもありがとうございます。そして,ここのところすっかりハマっている 'Burn It Down' Linkin Park 。明日はタワーレコード・オンラインからCDも届くのです。♪♪ ウキウキ ♪♪ 
で,私が脱原発やらを考える時のヒントの多くを頂いたのが,本田成親『星闇の旅路(ロード)』1996年11月刊の中の,「大飯原発探訪記」でした。著書は生真面目ですが,“中高年暴走族”自称のとっても面白い先生です。本,買わなくとも南勢出版ホームページでたくさん読めます(センセ,ゴメンネ)。反核の人からも,原発推進の人からもちょっと誤解されることが多いって,嘆いていますが。お忙しくなければ,たまに御覧下さい。ものすご~い量の文章なので,私は,読書も体力だ,フィジカルだ,と,ロックで鍛えた(?)何でも来い!のパワー全開で読むことにしてます。 http://www.nansei-shuppan.com/wp/

投稿: 植杉レイナ | 2012年10月30日 (火) 13時38分

植杉さま、ありがとうございます。

政治的にはいやな状況が続いており、何か書こうと思いながら、多忙でまとまったものが書けないでおります。

購入しにくい本をご紹介してしまい申し訳ありません。
ポップミュージックの本ですが、大胆な読み替えにより、相当な可能性の開ける本だとおもっています。
日本的な“サブカルチャー”は、かなり“オタク”方面に傾いてしまいましたが、サブカルチャーの達成した水準は、やはり、こっちにあるよなぁとしか言えないのが残念と言えば残念ですね。
ただし、同じような発想は前回も書きましたが、日本文化に先駆的な本流があるというのが私の見立てです。
この辺になぜ日本人が自覚的に取り組まないのか、私は不思議です。
トランス関係で行きますと、日本人には一部にしか知られていない評価の高いDJとか結構いるんですけどね。
DJホンダなんかは、日本国内でも妙なポピュラリティを獲得しましたが、日本のサブカルチャーシーンとはすれ違ったままでした。
吉本隆明は「マスイメージ論」で、サブカルチャー評価に踏み込みましたが、日本ではシーンが歴史性を獲得する契機が低過ぎて、吉本の期待は空回りしてしまったと私はとらえています。
ファッションの世界でも、三宅一生や川久保玲などの巨人が出現しても、その後に歴史が発生しない。
結局、メディアがダメダメ過ぎるんです。

投稿: にいのり | 2012年10月30日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/47516366

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝日新聞」に勝利する「橋下・維新の会代表」という図を演出するための捨て身の“仕掛け記事”:

« 不幸で下劣な“闘争”に目眩ましされるナ!2(再掲) | トップページ | 「正視に耐えぬ現実」、あるいは「小沢排除」の帰結として瞬く間に広がった社会的荒涼に関する点描。 1 »