« 我が国の「選挙管理委員会」とは、本当に信用に値する組織なのだろうか? | トップページ | 今般の選挙結果を受けて 2 »

2012年12月17日 (月)

今般の選挙結果を受けて

私たち日本人の発想の貧困と付和雷同性は、今回もまた証明されてしまった。
前回、(マスコミの言うとおり)民主党を大勝させたのと同じ人々が今回は(マスコミの言うとおり)自民党を大勝させた、単にそういう結果が示されたに過ぎない。
すなわち前回、民主党を大勝させた選挙が人々の主体的な投票意思を示すものではなかったのと同様、今回、自民党を大勝させたのも人々の主体的な意志に由来するものではなかったとみなすほかない。
マスメディアが流通させた“既定路線”に巧みに乗って見せる国民性が、見事なまでに示されただけに過ぎないのであり、それでもそのマスメディアというものに他者をして感心せしめるほどの見識でもあるのなら別なのだが、どうひっくり返しても主体性などというものの片鱗すらうかがえないのであって、深刻と言えば深刻、下らないと言えばあまりに下らない我が国の抱えた宿痾を表象しているに過ぎない。
今回の選挙を通して明らかになったのは、主体的に道を切り開く日本国民の意志の決定的不在であり、それが遂に日本の当面の没落傾向をもいよいよ決定付けたとみなすほかない。
これによって、日本は、凄惨な銃犯罪が止まらない荒廃した社会を形成してしまった世界でも“特殊な共同体”から差し伸べられてくる掌の中で踊り弄ばれることを、ほぼ“自己責任化”してしまった。(自己責任化とは、もう言い訳はきかないということの同義語)
もう少し視点を引いて言うなら、この選挙結果は言論統制/情報統制の勝利であり、その裏側で情報の趨勢を取り仕切っている側の勝利なのであって、更に視点を引いて眺めるなら、外側にいる者たち(外国人)の日本人に対する軽侮を確固とする効果をもたらすものでしかなかった。
自分ではない誰かの思惑通りに踊り、思惑通りに振る舞う「内面」の見えない木偶人形の群れのような人々。
このような結果を出してしまうことにより、日本をこれからも使い走りとして扱って行きたい者たちは、ますます横柄な態度を取るようになるはずだし、日本に対抗あるいは敵対しようとする者たちは、ますます独立の“個体”として扱おうとしない侮蔑的な態度を取るようになるだろう。
ソリューション能力の欠落した“個体”は、一人前の社会的存在とはみなされず、小遣いだけは不相応に持っているとみなされればカツアゲされるばかりになるのだし、何を思ったか独自の意見らしきものを主張しようしているとみなされれば、お前なんかの意見は誰も聞こうとは思っていないと機先を制され嘲笑われるばかりになるしかないのだ。
要するに、誰にもまともに相手にされない“いじめられっ子”同然の境遇を受け入れよと強制されるしかない。
その程度のことには気付いている人たちはだから、無闇やたらとウヨクチックなことを叫びたがるのだが、ソリューションとしての自己主張ではなく、単なるいきがりたいだけの自己主張であることがバレバレのため、放っておけと冷笑されるか、妙に目障りなら頭を押さえ付けられ周囲の者には分からないようにみぞおちにパンチでもくらうぐらいが関の山なのである。
そして、そのような境遇に甘んじ慣れっこになってしまうと、人間は必ずといって良いほど、精神的/心理的「転嫁」あるいは「投影」を開始するようになる。
政府部門の自助努力を放擲するために、一般国民(民衆)に対して自助努力を強要するという紛れもない無責任な主張(=転嫁)をする人々に、景気を良くしてくれだの外敵を排除してくれだの一生懸命“願頼み”をしてしまう一般国民大衆……これは紛れもなく滑稽な構図なのに、それを滑稽だと感じられないとすれば、何か大きなコンプレックスが正常な論理的思考を阻害しているのではないかと疑ってみることが必要なのではないか。
「変わるべき」なのは自分自身なのに、「転嫁」する対象を見つけ出しては「変われ、変われ」と無理強いをする。「変わるべきは自分自身」であることを忘れた人々は、そうやって周囲を混乱と荒廃の渦の中に巻き込んでいくしかない。

|

« 我が国の「選挙管理委員会」とは、本当に信用に値する組織なのだろうか? | トップページ | 今般の選挙結果を受けて 2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。選挙期間も結果が出ても、安い酒を呑んで二日酔したまま出社のような気分です。良薬、口に苦し、たしか嘉田知事が小沢議員を例えて最近言ったようでした。貴君の筆力は上質煎茶。今後も御健闘ください。

投稿: SP8 | 2012年12月18日 (火) 22時05分

SP8さま、コメントありがとうございます。

前回のエントリーは、私も頭に血が上っておりまして、冷静さを装った恨み節になっていた感がありますので、ただいま補正版を作成中です。

今後、私たちは自公政権にいかに危うい政権運営をさせないかにも知恵を絞るべきであり、恐らく自民にすりよるだろう維新をいかに突き放させるか、それも重要な要素になるのではないでしょうか。
一歩間違えれば、大政翼賛前夜の様相を呈しているのは間違いないところではあると思いますが、
私は石原Jr.が自民総裁にならず安部が総裁になったことをむしろ評価している立場ですから、安部がいかに立派な政治家たり得るか否かで、日本の進路は大きく異なってしまうと考えています。

もし、石原Jr.が自民党総裁になって、この選挙結果が出ていたらどうなったことか、私はそれを思うとゾッとするのです。

投稿: にいのり | 2012年12月18日 (火) 22時38分

こんにちは。小さなお知らせです。
ロッキンッグ・オンのサイトRo69  http://ro69.jp/blog/shibuya/
今朝のブログ『渋谷陽一の社長はつらいよ』「坂本龍一ピアノ・トリオ・ライブを赤坂ACTシアターで観る 2012.12.19 00:01」に,ひそかなメッセージを見つけました。ご覧いただけますか?

投稿: 植杉レイナ | 2012年12月19日 (水) 11時52分

植杉さま、情報ありがとうございます。
アンプラグドの件ですか?
自民党得票数減については、今新しいエントリーを済ませたばかりです。

渋谷さん、偉そうに反発したりしていますが、貴重な兄貴には違いありません。
渋谷さんもそうですが、旧反体制的な人々が、小沢一郎にもっと胸襟を開けるなら状況は変わるはずなのにと思えてなりません。

投稿: にいのり | 2012年12月19日 (水) 12時09分

あのね。SIGHTをずっと買ってますって,いいましたよ。ほとんど毎号,渋谷さんに感想文をさし上げていました。以前は編集部宛ての巻末ハガキでしたが,最近はメールで,どんなテーマがいいですかってところに,あれこれ書いたことは,ほとんど全部とりあげてくれているのです。で,このブログとても上手だからお読みくださいと,3回は書きました。有象無象を無視しない態度,ロッキン・オンが長く維持できている理由でしょうか。

投稿: 植杉レイナ | 2012年12月19日 (水) 16時10分

植杉さま、様々なご配慮ありがとうございます。

関係ないような話かも知れませんが、私は鬱傾向の強い人間であり、ニルバーナのカート・コバーンのように自殺するのをいつも恐れています。
グランジなんて言っていますが、ありゃ、鬱のまま、人前に出ていただけですね。だから途中で、張力の臨界に達してしまうんでしょうね。
それがグランジと呼ばれてしまうのはこりごりだと思っていたことでしょう。

投稿: にいのり | 2012年12月19日 (水) 17時23分

余計なお世話とかで,迷惑かけていますか? だとすると,ごめんなさい。

投稿: 植杉レイナ | 2012年12月19日 (水) 20時49分

植杉さま、お気遣いありがとうございます。

「個人的な日記」を公開するということは大勢の方に読んでいただきたい気持ちがもちろんあるわけで、お心遣いには感謝の念に耐えません。

けれども、気持ちとしては以下のような感じでしょうか。

手作りのクッキーをたくさん作ったから、皆さんに食べていただきたいけれど、売り物にするつもりはないんですよ、みたいな。
あの人のクッキーけっこうおいしいんだよ、と言っていただくのは大変嬉しいのですが、誰々さんに話したら「食べたい」と言っていたから作ってくれる?みたいな方向に行ってしまったら、「えー、そういうつもりで作っているのではないんですよ」という感じになっちゃいますよね。
そういうことって結構ありがちで、それでぎくしゃくするのはイヤですね。
贈与交換と等価交換の違いとでも申しますか。
もちろん、植杉さまが私に何かを依頼しているわけではないですし、ご厚意には大変感謝をしておりますが。

投稿: にいのり | 2012年12月19日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/48354070

この記事へのトラックバック一覧です: 今般の選挙結果を受けて:

» 日本の銃犯罪の少なさ、海外で話題に 日本の文化すげえ!答えはここにある  [【2ch】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/17(月) 05:19:53.10 ID:+/4/An6v0 ?2BP(1000)先日アメリカのコネチカット州で起きた銃乱射事件。児童を含む30名が命を落とすという、大変痛まし...... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 15時04分

« 我が国の「選挙管理委員会」とは、本当に信用に値する組織なのだろうか? | トップページ | 今般の選挙結果を受けて 2 »