« 「因習」と「凄惨」が、“超近代”と結びつく国 | トップページ | 堕ちた典型的「マスコミ協力識者」と、「PC遠隔操作犯人」レベルの愉快犯型憎悪犯罪に手を染める新聞 »

2013年2月12日 (火)

恐るべき「警察国家」容認傾向を示しつつある日本社会

先日、「峯岸みなみ」なる芸名を持つ少女の「謝罪報道事件」について、
我が国で蔓延しつつある「司法」から「私法」そして「私刑」という悪しき趨勢について言及しておいた。
あのようなものをまるで“自然現象”もしくは“自然現象における些細な悪天候”程度とみなし、無感覚的に容認していってしまうことが、
更なる悪しき事例を招き寄せるのは必至のはずなのだが、
我が国の言論環境の呆気に取られるべき鈍感さは、「所詮、特殊な世界での出来事」とでも思ったのか、あのような“異常現象”にまともに反応できる人は一部に限られたようだ。

今回、「PC遠隔操作事件」とその「容疑者逮捕報道事件」において、この傾向が一段と進展してしまったことに一体どれほどの人間が気付いているのか。
仮に、報道された人物が、“真犯人”である蓋然性が相当程度高いのだとしても、それまでの経緯において、自供すら得た後に冤罪であることが発覚した一連の“連続冤罪事件”の新局面/最終局面において、この報道の仕方は常軌を逸しているのであり、「おいしそうな餌」を目の前に撒かれた飢えた野犬集団の所業だとみなしても、あまりにも異常な節操のなさである。
(思い出してみよう、そもそもこの一連の冤罪事件は、“真犯人”が名乗り出さえしなかったら、冤罪とすら認識されないまま“私法集団”によって、処理されていたものだということを)
さすがに、事件がサイバー空間関連のものであるためか、一部のネットユーザーや、まともな報道関係者が、事態の危険性、危機性に気付いて声を上げはじめているようだが、
それとて、「構造的視点」なくしては、今やいかに「司法(広い意味での)」と「報道(許認可談合機関における)」の癒着がただならぬところまで来ているかについて、本質を突く議論にはなりがたいだろう。

「三浦ナニガシ事件」の昔からそうだったとはいえ、ある種の「黙契」を背景として、「警察/検察」と「報道」が連動/連携して繰り広げられる「報道リンチ/情報リンチ」は、その頻度と深度から推察しても、もはや健全な民主主義社会においては容認しがたいレベルにまで到達してしまっているのであり、
このまま「私法(法を私する)」者たちと、「私報(報を私する)」者たちの連携とその策動を他人事として無知/無感性/無感覚のまま放置/容認していくのなら、
やがては、私たちの住んでいる社会が「恐怖社会」化しても、それは“民主的に”“選択”されたものだと嘯かれるままになってしまう。
(今回の事件においては、逮捕された人物が、真犯人だろうとなかろうと、既に「私刑(リンチ)」は成立済みであるという事実に私たちは震撼すべきではなかったのか)
9.11後に、米国社会を襲った心理的/法的社会恐慌の波は、3.11後の日本社会にも押し寄せているのであり、
未来を見通せなくなった野蛮な資本主義制度とあいまって、
「統制」と「恐慌」と「破壊」とによって“事態を打開”しようとする勢力の蠢動に対する社会的抑制力を私たちは失いつつある。

既に「報道」は、私たちとは無関係な、あるいは私たちと敵対する“あちら側”にいる。

彼らの彼らなりのサバイバルは、私たちの「安全と安心」とを毀損せずにはおかない形で繰り広げられる。

恐ろしいのは、まがりなりにも米国社会にはある、社会的健全性を維持する上での抑制力、抵抗力、踏ん張りが、日本社会では未だに希少性のうちにとどまっていることだ。

こういう社会で「巧妙な強制力」を働かせれば、社会はいつでも容易に狂信性の内になだれこんでいく。

「自由」をもオペレートし始めた、心性的に「統制」したくてしたくてたまらない連中には“良い時代”になってきたのではないか。

ひとつ確実に言えるのは、「自らをさえ統合する能力に欠け、かつそのことに苦悩する能力をすら失調した者」に限って、「他人を統制したくてしたくてたまらなくなる」ということであり、私たちはそれを忘却しないようにすべきだということ。
彼らはそうでもしていないと、不安で不安でいたたまれなくなるのである、かわいそうなことに。

|

« 「因習」と「凄惨」が、“超近代”と結びつく国 | トップページ | 堕ちた典型的「マスコミ協力識者」と、「PC遠隔操作犯人」レベルの愉快犯型憎悪犯罪に手を染める新聞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/49358657

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべき「警察国家」容認傾向を示しつつある日本社会:

« 「因習」と「凄惨」が、“超近代”と結びつく国 | トップページ | 堕ちた典型的「マスコミ協力識者」と、「PC遠隔操作犯人」レベルの愉快犯型憎悪犯罪に手を染める新聞 »