« 東京でオリンピックは開催できるのですか? | トップページ | 絶対に巨大組織のトップに立ってはならない人間の典型 »

2014年2月10日 (月)

恥ずかしい 日本の 東京

日本の劣化が集約的に観察できるはずの東西大都市選挙のうち、東京都知事選挙がまずは終了した。

都民ではない私が、この都知事選に何を感じたか、感想を記しておきたい。

①「オールド左右」の二派の候補者が、満足げな“敗戦の弁”を残した。

宇都宮氏「前回以上の手応え」
田母神氏「一定の成果はあった」
こういうコメントから十分察せられるように、この二者は、「日本の危機」というものに関して本質的に無責任な立場から参戦しており、我が国がどのような状況にあろうが仲間の居場所を確保することが最優先であることが良く分かる。
宇都宮氏は弁護士として、田母神氏は自衛官として、確かに優秀な人材だったのかも知れないが、政治家としての素質・資質に恵まれているとはとても思えない。
お仲間にとっては大切な人材であり、お仲間の居場所を確保するためには必要な人材なのだろう。だが、既存の構造に対して政治的クリエイティビティを発揮することは金輪際あり得ないだろう。


②投票率の異様な低さ

小生意気な若僧のころは私も政治を軽蔑し、選挙など行くものかと思っていた。
今でも同じように政治に期待しない、政治を軽蔑している人間も多いのだろうし、政治状況の劣化が進めば進むほど、そのような人間は増加していくのだろう。
しかし、このような傾向は負のスパイラルとしか言えないのであり、内心でいかに政治を軽蔑しようと無関係を決め込もうと、けっきょく大状況からは逃げられない。
にも関わらず、政治への無関心を装うのは自尊や高踏というよりもはや無意味なナルシシズムなのであり、特に危機にあって無関心を決め込むことは無責任の謗りを免れないことを自覚すべきではないのか。


③利害関係者だけの利権獲得祭り

上記と関連するが、政治を軽蔑する者たちは、狭い政治の利権構造に関与していないがゆえでもある。そのような者たちが政治あるいは政局を忌避すれば、選挙は利害関係者ばかりのお祭りになるしかない。
そこに加えて、自らの公的役割を目先のエゴイティックな利益獲得のためだけに、いとも簡単に放棄してみせるマスメディアや連合といった集団が扇動や締め付けといった影響力を行使するなら、社会の不条理感はいやましに増さざるを得まい。そうなれば、「利権にありつこうとしながらありつけない」という不遇感を常に感じているようなあまり程度の良くない人々の過激志向を強化させるばかりになるのであり、戦後間近ならそれが左振れ、今は右振れしているに過ぎない。
政治的には退嬰的な現象に過ぎず、必要以上に“政治化”された(自らの意思の中に懐疑だとか内省といったものを含まない)人々が社会の混乱と劣化に拍車をかけるばかりなのである。


④自治体選挙とはいえ、第三者からの軽侮を増大させるばかりの選挙は、当然全体にも悪影響を及ぼす。

第三者とは、一国の当該自治体以外の住民はもちろんのこと、(日本に対して、あるいは世界の政治状況に対して関心を持つ)諸外国人も含まれる。
その第三者的視点から見れば、東京都民が原発を争点にしないのは、都内に原発は設置されないと高をくくっているからだろう。看過しがたい住民エゴの発露であり、それを誰も問題視できないこと自体が問題である。
しかも、国政を担当する政党の選挙後のコメントのほとんどは、「反知性主義」に立脚するものだったのには呆れざるを得ない。
あのような無能の者たちが、雁首揃えても回る行政、経済というものが未だにそれなりに機能しているのなら、官僚界や経済界のトップらが政治を牛耳りたくなるのも無理はないとさえ言いたくなる。


こうしてみると、日本の首都である自治体の長を決定する選挙というものが、いかに悲惨なレベルで行われているものか、容易に理解されるはずだ。

国政を見ても、こうした過度の低レベル状態から脱し得る契機というものを見出だせそうもない。

個々には存在する立派な日本人の才能が、どんどんスポイルされていくような状況がこのまま放置されていくとしたら、

(以下、略)

|

« 東京でオリンピックは開催できるのですか? | トップページ | 絶対に巨大組織のトップに立ってはならない人間の典型 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/54934449

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしい 日本の 東京:

« 東京でオリンピックは開催できるのですか? | トップページ | 絶対に巨大組織のトップに立ってはならない人間の典型 »