« 「誰がためのW杯なのか?」という問い掛けに最も苦しんでいたのはブラジルの選手たちではないか? | トップページ | ブライアン・イーノ→デヴィッド・バーン→Remain in the light?/right? »

2014年7月18日 (金)

サッカーW杯:「最も美しい敗者と最も醜い勝者」

そもそも『誰がために鐘は鳴る』で、米国人作家のヘミングウェイは、何を描写しようとしたのだろう。
彼は、もしかしたら「最も麗しい敗者」というものを、米国人なのにも関わらず、あるいはそれゆえにこそ、あますことなく描写しつくしたいと願っていたのではなかろうか。
クリント・イーストウッドにせよ、あるいはジョン・ダワーにせよ、北米のあの地には、敗者に対しても、単なる同情ではない、言ってみれば「分析的共感覚」を描写し得る優れた人々が、ごく僅かながらも存在する。
ヘミングウェイとは、そんな彼らの兄貴分のような存在なのだと言ってみても、当たらずとも遠からずというところではないだろうか。
私のような人間は、嗜好としては、米・大陸的寛容よりも、英・島国的辛辣の方が性に合うのだけれど、世界がこれだけささくれだってくると、「グローバル化」なるものの中から、米・大陸的寛容がまったく顧みられることもなく排除されている事に、今更ながら驚かざるを得ない。
さて、私は今、ヘミングウェイの描き出した主人公について「最も麗しい敗者」と、あえて「麗しい」という形容詞を用いてみた。
正直、我ながらあざといかなと思いつつ、「最も麗しい敗者」に米国の寛容の精神が視線を注ぐのだとすれば、「最も美しい敗者」に視線を注ぐのは、日本の「もののあはれ」の精神の独壇場ではないかと言ってみたかったからだ。
もっとも、現代日本人にあって、「もののあはれ」などということに関心を寄せるのは、一部の変わり者ということに既に相場は決まっている。
我々の、今の、“相場のメインストリーム”は、米国のもう一つの側面から絶え間なく押し寄せてくる「勝者総取りとその自己正当化の心得」にほかならない。
本来なら(とあえて言うが)、日本人には最も馴染みにくいはずのそんな「美しくない考え方」が、しかし今や日本を席巻しようとしている。
私たちは、今や『平家物語』冒頭の「奢れる者もまた久しからず」というフレーズを、倫理から見た非難の評言とみなしてしまうほどだ。
しかし、“本来的には”どうなのだろう。
『理(ことわり)』に「美」を見出だす、あるいは、「理」と「美」とは、分かちがたいものとみなす精神、それが日本人が育んできた、あるいは育もうとしてきた態度でありセンスではなかったか。
それは、だから、同情することでもなければ同調することでもなく、もちろん、裁断することでもなければ裁定することでもない。

「ひとへに敗北といへども、美しきものと醜きものとあり。ひとへに勝利といへども、美しきものと醜きものとあり。美しからざるもの、すべてこれ理に反するものなれば、たとへ目を見張らんばかりの勝利を手中におさめんときも、奢ることなかるべし、それ醜きさまにほかなかりければ」

と、前口上を述べているつもりが、一気に結論に達してしまった感があるが、前回のエントリーで、今度のW杯で「最も美しい敗北者」として讃えられるべきだと思い、一生懸命地球の裏側のブラジル代表のことを思っていたころ、西方の大陸では、「最も醜い勝利者」が「こちらを見よ」とばかり、騒々しい名乗りを上げていたようなのだ。
(これはいったいどういうことなのか、どういうかぜのふきまわしなのか)

報道を要約すれば次のようだ。
『サッカーW杯で優勝したドイツ代表チームは、祝賀会の会場となったブランデンブルグ門の特設ステージで、有名選手を含む6人が肩を組んでかがみながら歩き、「ガウチョはこう歩く」と歌いながらステージ中央に向かい、続けざまに「ドイツ人はこう歩く」と腰と背筋をピンと伸ばして歩いてみせたとのこと』

これだけで十分だろう。

「誇りと栄光」を、瞬く間に「顰蹙と恥辱」に変換してみせるという本職のサッカーですら見せたことのない、まさに超人的な技を世界に向けて披露してみせたこの6人のドイツ人は、「最も醜い勝利者」として、長くその偉業を語り継がれるべきだろう。
SNSで「ドイツにまだ人種差別が生きていることを全世界に中継してくれてありがとう」なるメッセージを贈った美的センスに優れたドイツ人もいるようだが、「夏の夜の夢」もここまで滑稽で醜悪なものになってしまうと、『ドイツ代表物語』を美しくも生々しい琵琶の音色とともに謡ってくれるような語り部も現れてくれそうにない。

ブラジルチームが、今後に向けて一から対策を練り直さなければならない必要に駆られているのだとしても、その「誠実な、悲惨なまでに誠実な、美しき敗北ぶり」を際立たせ、引き立てる役割を演じることになったドイツチームは、最後の最後に来て、「2014年、FIFAワールドカップの真の敗残者」に決定したと言える。

FIFAは、手をこまねいておらずに、この栄光あるドイツチームに、「真の敗残者」という文字の刻まれたトロフィーを贈呈することを検討すべきだ。

そうでなければ、「誰のためのW杯なのか?」という問いかけが、少しずつ世界中に浸透していくことを阻止するのは、困難をきわめることになるかも知れない。

|

« 「誰がためのW杯なのか?」という問い掛けに最も苦しんでいたのはブラジルの選手たちではないか? | トップページ | ブライアン・イーノ→デヴィッド・バーン→Remain in the light?/right? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/56824849

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーW杯:「最も美しい敗者と最も醜い勝者」:

« 「誰がためのW杯なのか?」という問い掛けに最も苦しんでいたのはブラジルの選手たちではないか? | トップページ | ブライアン・イーノ→デヴィッド・バーン→Remain in the light?/right? »