« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 9日 (日)

『「残酷ショー」としてのフィギュアスケート?』

先日、私は、松谷創一郎という方がヤフー・ニュースのコラム欄に投稿した『「残酷ショー」としての高校野球』というコラムを引きながら、スポーツあるいはスポーツ選手をめぐる管理者とメディア、また観客のあり方について言及してみた。
今回のフィギュアスケートの中国グランプリにおいて、全く同様の構図が反復されてしまったことは返すがえすも残念であり、なぜ、私たちはこういう地平から自らの力で抜け出そうとしないのか、この国の国民の抱えている宿痾のようなものの根深さ、執拗さに恐怖すら覚えざるを得ない。
もっとも、「この国」などと、他人事のような言葉遣いをして客観めかしてみたところで、当然これは他人事ではない。
お前ならうまくやれるのかと言われれば、全くその自信はない。だが/しかし/そうではあっても、だ。
「こういう出来事を通じこういう認識を得た、こういう学習をした、こういう教訓を得た」ということが身にしみなければならないし、そういうことはいたるところで記録され、記憶されようとしなければならないはずだ。
そうでなければ、この手の「無駄な反復」はいつまででも執拗に繰り返されるのだし、その限りにおいてそこに反省の契機はいささかも訪れようとせず、「残酷趣味」を「良心の発露」と錯覚する人々が、これまた飽きもせず反復再生産されて行くばかりなのだから。
このままの状態が継続するなら、私たちの中の責任ある者らは、一向に危機管理など出来ないままだろうし、
私たちの中のヒーローは、精進した技それ自体のみでは評価が完結せず、人々の感情をいかに揺さぶったかという派生的要素なしには成立しないままなのだろうし、
私たちは私たちで、ヒーローに向かって「まだまだ足りない。われわれのために死んで来い、死んでみせてくれ。(死んだら英霊として奉ってあげるから)」と要求しかねないのだ。
いつでも致命的たり得る「失敗の本質」から目を逸らし続ける限り、それは強迫的に反復されざるを得ないのであり、こういうものの連鎖をどこかで断ち切る決断をしなければ、「悲惨な敗戦」もまた何度でも繰り返される可能性が高いのであり、この国の指導者らがそういう危機感を共有認識として有していないらしい様は、まさしく致命的と言える。

……ちょっと、感情が高ぶり過ぎたようなので、これもヤフー・ニュースのコラム欄に掲載された内田良という方の理知的な文章を書き写すことで冷静さを取り戻したい。
「名古屋大学院教育発達科学研究科・准教授」という肩書きを持つ氏は、その肩書きと内実の一致した活動から来る充実した筆運びにより、今度の「出来事」から浮かび上がってくる問題点を見事に指摘している。
以下、特に重要だと思われる箇所のみをピックアップさせていただくが、氏の脳震盪をめぐる記述は、スポーツ関係者にとって非常に参考になるものと思われるので、興味のある方は、全文をヤフー・ニュースによって確認されたら良いと思う。

(以下、引用開始)
『羽生選手の姿に「感動」の問題点』
この週末(11/8-9)、スポーツ医学の中核を担う「日本臨床スポーツ医学会」の学術集会が東京で開かれている。脳震盪に関する調査研究がいくつも発表され、日本のスポーツ界において、脳震盪への対応が、喫緊の課題であることを感じさせてくれる。
まさにその最中に、羽生結弦選手の事故が起きた。それは端的にいうと(脳震盪であったとすれば)その事後対応は、多くのスポーツドクターが目を疑う光景であったといってよい。
……中略……
ここで、最大の問題点は、その姿(※出場を強行しながらも幸い滑り終える事のできたこと)を、マスコミや観客、視聴者は、「感動した」「涙がでた」とたたえたことである。
……中略……
羽生選手の側には、本番をこなさなければならない事情もあるだろう。ファンの声に応えたい気持ちもあるだろう。そのことは個別の問題としておいておくとしても、どうしても気がかりなことがある。それは脳震盪に対する関心の低さと、脳震盪(の疑い)を乗り越える姿が美談化される時のスポーツ文化である。日本のスポーツ文化は、根性で危機を乗り越える場面を、拍手でもってたたえている。そこには感動の涙が溢れている。脳震盪の可能性が疑われるのであれば、どうか今回の出来事を機に、考え直してほしい。そうした「拍手」や「感動」は、選手の生命をむしろ危機に追いやる可能性があるのだということを。
(引用、終了)

氏は控えめに「スポーツ文化」という言葉を用いているが、専門家としての責任ある立場からそのような語句を選択しているだけで、私のような者からすれば、冒頭に記したように、これは日本文化全体の構造に関わる問題なのであり、厄介なことに、現代的なメディア問題が入れ子構造を形成しているのが実に煩わしい。
松谷氏がキーワードに挙げていた「リアリティショー」の構造が、私たちの陥りがちな独善に免罪符を与え、私たちを刹那の古代ローマ市民に仕立てあげる。
この入れ子構造を解きほぐし解体に導かなければ、私たちは私たちの「残酷趣味」を「良心の発露」と錯覚しながら、何者か達の無自覚な伴走者、共犯者としての生を生き続けることになってしまう。

私たちは、近代が産声を上げて以来、超越存在を持たない、あるいは諦めるかわりに、超人を求めるようになったのか。
だが、超人に救いを求めるなどということは、やはりどこかお門違いなのだ。
人が頑張っている姿を見て感動するという心の動きは当たり前のことであり、この当たり前がなくなってしまったらそれこそ大変なことではあるのだが、一方で、人の心の動きというものは、完全なフィクションであっても十分に感動できるものだということも忘れてはならないと思う。
現に、今年は、アニメの世界の雪の女王に、多くの人が感動したはずではないか。
なかなか平明な形で言い表すのは難しいが、人の心の動きはそのようなものであることをわきまえていること……この辺は一つ重要な点と言えるのではなかろうか。
「感動」という心の動きから、もう一歩先の心の動きというものがあるのではないかと想像してみること。
そんなことが、今、私たちに求められているのではなかろうか。
あるいは、相互に求め合うべきなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

中国グランプリの羽生選手

まさか、怠け者の自分が、一日に二度もブログを更新することになろうとは思わなかったが、
『羽生選手を守るために必要なこと』という記事を書いた時に感じていたあるしゅの危惧が、まさか現実のものになろうとは、さすがに思いもよらなかった。
だが、しかし、私の抱いた危惧は、予想だにしない形で現実のものになってしまったということになる。

羽生選手が、今日(11/8)の中国グランブリで、中国選手と事前練習時に衝突、流血にまでいたる大ダメージを負ってしまった。
それでも、どうやら本人の強い意志によって出場は強行されたのだ。
これを、いったい、どう受け止めれば良いのか。
もちろん、世界一になるということは、常人には思いも及ばぬ修羅の道をかいくぐらねばならないこともあるということを、私のような怠け者であってさえ、知らぬとは言わない。

しかし、とあえて言わなければならないし、また、周囲の人間も、棄権させるという勇断を下すべきケースだった。
私たちは、万全の態勢で臨む選手の超人的な演技を観て、その演技にいたる苦難の道も当然感じとっている。逆に、それを感じ取れない者はスポーツを観る資格はないとさえ言える。
それは、頭部に怪我を負いながらも試合に出場するよりも、遥かに苦痛に満ちたものかも知れない。
だから、本人は、「このぐらいの怪我がなんだ、ボクはもっと辛い練習に耐えて来たんだ」…そういう気持ち、そういう自負を表現したくてたまらなくなってしまったのかも知れない。
だが、そうといえども、彼は守られるべきだった。守られる必要があった。
「今、あえて無理をする必要はない場合もある」のだということを、誰かが教えてやるべきだった。

彼の選択は、試合を棄権するつもりだった中国選手のみならず、ショートで優位に立っていたロシア選手にも徒らなプレッシャーを与えてしまったし、あえて言えばとても失礼な振る舞いになってしまった。

彼の身にオーラのように漂う「崇高さ」というものを、私はTV越しながら、強く感じ取っていた。
しかし、その「崇高さ」というものを彼も、また周囲の人間も、「守り」「護る」べきだった。

彼の周囲に、彼を守り、かつ導く者が存在しないこと。
それが、何の運命の悪戯だろう、まさに「出来事」として、「衝撃的な衝突」として、表出されてしまったのである。

「崇高さ」の「悲劇」への反転が、これほど生々しい形では起こってほしくはなかったのだが、その杞憂としての予感が的中してしまったことに、何かいたたまれないものを感じざるを得ない。
何事もなく、あっけらかんと復活してくれるなら、それに越したことはない。

だが、彼の「崇高さ」を制御できるだけの人間が、彼の周囲にいないらしい環境は、継続するのだろう。

なんとかならないものか。
中国のスケート会場を覆う、日本語の企業宣伝と、これみよがしに展示されたクルマ。
それがまた、会場全体を覆うグロテスクさに拍車をかけていた。

もう、いい加減にしてほしいな、日本。

最終的には、そういうところに、やはり結論は行く。
かなり、うんざりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰がための「日本銀行」なのか?

11/8のNHKなる(いかがわしい自称公共の)TV局が次のような形で情報を流布している。
(引用開始)
日銀が決めた追加の金融緩和をきっかけに東京株式市場で日経平均株価が大幅に値上がりした先週、海外の投資家が株式を買った額は売った額をおよそ5360億円上回って、ことし最大のいわゆる「買い越し」になったことが分かりました。
(引用中断)

ここまでは私のような株式などとは縁のない素人にも良く分かる。
誰がどう見たって上がるのは分かっているのだから、元手のある者は買い増しに走るに決まっている。今や、東京株式市場においては外国人株主の比率の方が高いらしいのだから、集計を取れば「買い越し」になっているのはある意味当然だろう。
ところが一方で、次のような情報も流している。
(引用開始)
一方で、国内の個人投資家は、株を売った額のほうが買った額を8200億円余り上回る「売り越し」で、海外投資家が先週の株価上昇の要因だったことを示しています。
(引用終わり)
この後、ニュースは、「市場関係者」とやらのどうでも良い“分析”を垂れ流すのだが、そんなものはいちいち相手にしないとして、さてこの情報をどう見れば良いのか。
まず、文字になってみると、おかしな情報の出し方である。
5360億円「買い越し」したのは「海外の投資家」。8200億円「売り越し」したのは「国内の個人投資家」。
海外は、「個人・機関」合わせてなのか?曖昧過ぎて判断がつかない。国内の「個人」投資家が8200億円も売り越したなら、国内の「機関」投資家は、いったい幾らほど買い越しているというのか。(なぜ、そこは情報として開示しないのか)
こんなことを調べるのに、いちいち他メディアにあたってみるのもバカバカしいのでやらないが、まず、こういう曖昧かつ恣意的な情報の出し方の異常さ、異様さというものを指摘しておきたい。
次に素人判断として判然としないのが、「国内の個人投資家」の「売り越し」という現象だ。
週末になって株価の方は伸び悩んだようだから、国内の投資家は、高値と思われた時点で一気に売りに転じたのか。
だとするなら、いかにも堪え性のない判断ではなかろうか。政府・日銀が、金融の緩和どころか年金資金も直接株式市場に注ぎ込んでバックアップしますよと言っているのに、国内の個人投資家の余裕の無さは、奇妙にも見える。
もっともらしい「市場関係者」とやらの解説も加えるのなら、素人が当然疑問に思うであろうこのような点について、それなりの見方を述べるべきなのだろうが、その手の責任感など今や日本のメディアには皆無のようだ。
出したい情報のみを曖昧だろうが細切れだろうが小出しだろうがとりあえず出しておく、「解説」に見せ掛けた誘導を「専門家」や「関係者」の弁と称して一方的に垂れ流しておく…各方面から、せめてバランスに配慮せよと散々指摘され続けているはずなのに、改善しようとする気配すら見られない。
記憶が曖昧だが、フィナンシャルタイムズだかロイターだかは、日本の大企業の内部留保にも触れて、日本の金融政策全般に対する見方を示していたが、国内メディアにとって、それはどうやらタブーのようだ。
日本のメディアもメディアだが、いったい「日銀」という組織は誰のために何をしているのか。
日銀副総裁を務めたこともあるという岩田一政という人物は、「日経」のインタビューに答えて次のように述べている。
(引用開始…11/8日本経済新聞)
最も良いタイミングだった。……
米量的緩和の終了後も日銀から資金供給が続くとのメッセージも、世界の金融市場に送った。……
緩和の出口に差し掛かった際、日銀が財務体質の悪化を危ぶみ、引き締めが遅れる恐れもある。あらかじめ政府と損益の配分を決めておく必要がある。
(引用終了)
ある意味で、驚くべきと言いたくなるような素直な受け答えではないだろうか。
アメリカの量的緩和終了後に、国際金融資本がとまどわぬよう、引き続き日銀から資金供給をしますと…。
いざというときには、日本国民に応分の負担を担わせる(つけまわしができる)よう日本政府と(国民の与り知らないところで)話しておけよと…。
平気でそうしゃべっているように受け取れる。
素人判断ながらも、NHKと日経の情報をあわせると、いかに国内の個人投資家が日本政府及び日銀を信用していないかが見えて来そうだし、それ以上にいかに政府・日銀というものが一般国民など眼中にない場所で動いているかが見えて来そうだ。

日銀や年金の資金は、国内株式市場の「買い支え」に使われる…。
市中銀行を介した日銀の資金は、実体経済の中には流れて来ない…。
それで、どうやってデフレを克服しようというのか。
日銀の親玉が、物価を上げるぞ上げるぞと、どこかのカルト宗教の教祖紛いの縁起でもない念仏を唱えていて、それでどうやって国民のデフレマインドを解消しようというのか。
理解不能だ。
「物価が上がる」と言われれば、何%かに関係なく思わず身構えるのが庶民心理というものだし、それはどこから見ても正当な防御姿勢である。
どこの新聞だったか、これから、日銀から支給された資金と日銀によって演出されたドル高を背景にして、外資が買収(敵対的TOB)という形で攻勢を強めてくるかも知れないとの観測を書いているところがあった。
さもありなんという気がする。
いったい日銀という組織はどこを向いているのか。
「日本銀行」という名前の銀行は、「誰がための銀行だ」と言えば良いのか?
「金融緩和」という名前の「資金供給」は誰に向かってなされているのか?
そもそも黒田なるあの日銀の総裁の神経は尋常に機能しているのか?
素人が簡単に検討を加えただけでも、この分かりやすさ、このいかがわしさなのだから、専門家と称する連中は大方お見通しのはずだろう。
にもかかわらず、すっとぼけた/調子外れの/的を外した解説を平然としてみせては、一般的国民を煙に巻いているのである。
国内の「個人」投資家とやらが、信託の形が多いのか自前でやっているのか知らないが、大怪我を負わない内にあっという間に売り越しに転じているのは(それも姑息と言えば姑息だが)、当局の信用ならなさを加味すれば当然の反応なのだろう。
このようなまるで信用に値しない「システム」に取り囲まれて私たちはどうすれば良いのだろうか。
やはり、非貨幣部門の取引を活発化するのが、最も手っ取り早そうだ。
取引に「貨幣」を介在させるいがい能のない連中は、静かに静かに見放されて行くのだ、かわいそうに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

「グローバリズム」が抱える衝動、あるいは無意識について

昔からのファンだったのだが、以前は「ブログ」の転載サイトだったような気がしていたものの、今は「ツイッター」のまとめサイトのようなものにいつの間にか衣替えした『晴耕雨読』というサイトがある。
そのコメント欄に投稿するのに、なぜかはまってしまって、つい自分のブログは疎かにしてしまっていた。
管理主様の目が行き届いたサイトなので、とても居心地(?)が良いからかも知れない。
まるで管理人さんの目配りのいつもきいた共用部分が、とても清潔で快適な一昔前の学生寮や独身寮のような…。
そういう意味では、私のこのブログなど、まさに怠け者、気紛れ者の典型のようなブログで目もあてられない。
まぁ、もともと、そういう人間なので、自分のブログで無理をしても仕方がないと思いながら自分を慰めている。
それでも、昨日は、ふと思い立ち、『晴耕雨読』の方に長文のコメントを送信したところ、太っ腹にも掲載してくださった。
「文化の日」に、自分なりに頑張って長文をしたためたので、記念に(?)こちらにも掲載させていただくことにする。
…と、こんなさわりを打ち込み始めたところ、今(11/5)、N・H・K(内閣・報道・機関)の「ニュース9」とやらで、米国の中間選挙をめぐる政局めいたものを報道しており、「名門」がどうしただとかのたまっている。
アメリカの「名家」「名門」?
アメリカ人も、本質的な自信を失うと、そのような心理に陥っていくものなのだろうか?NHKが言うように、アメリカ人の中に本当にそのような意識が芽生えているなら、どうぞ恥を知っていただきたい。
これは、以下の文章にも関係している。


(以下、転載。一部推敲・追記有り)

「グローバリズムとは何か」ということを、「売国」だの「国賊」だの「右翼ナショナリスト」のタームを用いずに明確に定義したいですよね。
私なりに定義すれば、「グローバリズム」とは「(戦後、とりわけニクソンショック以降の)成功者あるいは既得権者によるインターナショナリズムあるいはインターキャピタリズム」…それが「グローバリズム」というものの捉え方とみなして宜しいのではないかと。
より端的に言えば、国際金融資本を媒介とする「1%のための共同体主義」「1%コミュニタリアニズム」であり、換言すれば「インターナショナルな新貴族階級の実現」ということになるのではないでしょうか?謂わば「選民主義」の変型です。
さしあたって、彼らがこれを実現しようとする上で忌避/排除されるものは何かということが私たちにとって問題となります。
以下、私見を述べてみたいと思います。

第一は「まったき平等主義」でしょう。(平等の否定)
「貴族(選民)」と「平民」の間には断絶がなければならない。「貴族(選民)」相互は国際的な特殊共同体を形成するが、この共同体には参入障壁が設けられるべきだと。
一見、「平等思想」とは無関係に見えて、「平等」の条件を毀損する「知的財産権」なる考え方は、その最たるものだと言えるでしょう。
もちろん、個人の創造や発明たる「著作権」や「発明権(特許権)」は一定期間保護されても良いと思います。個人の生活にもかかわってくることですから。
ところが「知的財産権」になりますと、「所有者」は一気に「組織/共同体」にまで格上げ(?)されてしまう。この「共同体」とは何なのでしょう?いうまでもなく「知的財産権」を参入障壁として活用したい「共同体」のことです。
今、話題になりやすい「ビッグデータ」にしてもそうです。いったい、誰が「ビッグデータ」なるものを所有できるのでしょうか。それが莫大な利益を生む可能性があればあるほど、そうしたデータが「社会的共通資本」として共有されることなど、あるはずがありません。「ビッグデータ」の「所有特権」は限られた組織、限られた集団、限られた共同体にならざるを得ない。
「ビッグデータ」なるものは、誰にとって画期的なものか、私たちは予めそのことを熟知しておいて、まさに素知らぬ顔をしながら「ポーカーゲーム」を始めるぐらいの余裕が必要でしょう。

第二には、「ナショナリズム」「民族主義」です。(歴史的地縁の否定)
ここが厄介なところなのですが、「資本」を媒介とするインターナショナルな「新貴族階級」を形成するにあたって、彼らは「民族主義」「ナショナリズム」を否定してみせます。
その言動が「平民」からみて一見“リベラル”なものに見えるため、古典的リベラリストは眩惑されがちなのですが、「平等主義」を否定することを目的とする越境主義なのですから、古典的なリベラリズムと相容れるはずがありません。ここを私たちは勘違いしてはならないと思います。彼らは彼らの“実利”を確保するために「ナショナリズム」を否定しているに過ぎない。(なお、「グローバリスト」たちは新貴族階級たらんとしているため、「閨閥」については積極主義である点も留意点でしょう)
また、各地域/各国に散在する“伝統的な右派”の実体は、もはや「追従主義・追随主義・事大主義者」に過ぎぬものですが、“主観右派”であるところの彼らも彼らで眩惑されています。
彼らは既に「グローバリスト」になってしまった土着の指導者を見て、「古典的ナショナリスト」であれかしと望んでいる。しかし、「グローバリスト」であることに生き残りの道を定めた人にとって、「ナショナリスト」としての側面はもはや方便の位置まで格下げされています。
ネトウヨと総称されるような「右派庶民」が、「右派指導者」に見える人を指して、「あなたこそ閣下だ殿下だ大将だ」と持ち上げながら次から次へと裏切られ続けている様は、単に嘲笑っていれば済む話なのではなく、「平民」がどれだけ媚びを売ろうと、「選民」からは冷酷に距離を置かれている様として観察すべきものであり、実際には“他人事”ではないのです。

第三には「倫理」です。(倫理の否定)
「倫理」のかわりに導入されるのが「道徳」です。
ここで「倫理」とは「正邪を判断するための学」であり、「道徳」とは「秩序を維持するための学」という意味です。
「1%とそれ以外」という国際的秩序を維持するために、「平民」に必要とされるのは「秩序維持のためのしきたり」であり、客観的なあるいは大局的な「正邪」を判断する能力ではありません。
グローバリストが強化する「道徳教育」とはそのような観点からのものであるため、倫理的には「邪悪なもの」であっても、彼ら「グローバリスト」に媚びを売り続けている限りにおいては保護または放置され、逆に利用し尽くされます。
凶暴な者たちが大手を振ってストリートを闊歩し始めたのは、そのような彼らのスタンスの現れであるとみなせるでしょう。
このように、「グローバリズム」というものはどのようなもので「グローバリスト」は何をしようとしているのかを実態に即して把握せずに、いわゆる伝統的な“左右”の立場に拘泥していますと、「平民」の内部で醜い罵り合いを続けさせられる結果になるだけです。
こういうことは、いわゆるネトウヨの皆さんにも一緒に考えてみていただきたいことだ。
私の見立ては粗雑なものですが、当たらずとも遠からずだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »