« 羽生選手、優勝おめでとう | トップページ | コンプレックスの塊は、あるいはそうであるがゆえに、“政治”のW杯開催を夢見るのか? »

2014年12月30日 (火)

フィギュア町田選手の突然の引退発表に驚く

何があったのだろう。
先日の演技を観て、羽生選手よりも、技にミスは多かったものの超越性への志向を感じさせてくれた町田選手が突然の引退発表をしたという。
前回のグランプリファイナルにおいては卒論仕上げとの兼ね合いで、万全の体調を維持するのが難しかったとのことで、今後は院に進学し、スポーツマネージメントを学びたい意向との事だが、
そういう諸々を重ね合わせて考えてみると、
自己の身体を用いて、何かを表現することよりも、表現のため、あるいは日本のスポーツの在り方のために、学問的なアプローチにより、何かを表現/改革していく長期戦の方を採ったということかも知れない。
もちろん、これは、私が傍目から見た憶測の類いに過ぎない。
傍目から見た憶測の類いには過ぎないが、しかし、フィギュアスケート界というものが、メディア的/広告的/商業的に注目されればされるほど、選手個々の身の処し方が異常に難しいものになっているのであろうことは、外野からみても容易に推察できるような気がする。
いったい私たち日本人というのは、フィギュアスケートに限らず、傑出した人々が、どこか痛々しい努力だか忍耐だかを強いられている姿を見るのがそんなに好きなのだろうか。
私は、そうは思わないし、そう思いたくもない。
町田選手が「崇高」と呼んだようなプログラム、ああいうものは、何か痛々しい努力の末に完成するものではないだろう。
もちろん、フィギュアスケートがスポーツである限り、技の完成度、卓越性が要求されるのは当然のことだ。
けれども、フィギュアスケートというジャンルの可能性を追求するという意味においては、単にスポーツというだけにはとどまらない要素が満載されているのがこのジャンルの魅力でもあってみれば、可能性の追求のバリエーションもまた豊富な形があっても良いものだろう。
私は、米国のプロフィギュアのショーの実態を全く知らないような人間に過ぎないが、フィギュアスケートの持つ可能性というものを考えれば、必ずしも米国的なものにならずとも構わない、しかし、プロの領域というものがあり得ても良いのではないかと思う。
町田選手という人は、そういうことも視野に入れているのかどうか分からないが、「高校野球」や「箱根駅伝」等をキラーコンテンツにしてしまうような無能でアイデアが枯渇している上に堕落し腐敗している日本のメディア界の食い物にされ切ってしまわないうちに、フィギュアスケートの有する可能性を良く知る人々が、新たなアイデアによって関与していくことは、必要なことだろうと思っている。

私たちは、日本国内の全産業中、国際評価が最も低い業界はメディア業界(記者クラブメディア界)だということを、もっともっと強く意識して然るべきだろう。

ああいう連中に、情報を扱わせている屈辱に、私たち日本人は、ネトウヨと呼ばれている人々のようにおかしな方向からではなく、もっともっと憤慨しても良いはずなのだ。

今、日本のメディア業界に巣食う大半の連中は「たかり」「ゆすり」「すり」「置き引き」「横取り」「盗っ人」などと呼称される連中と同等の人間ばかりである。

このような連中と傑出した人々が付き合わなくても、傑出した人々に関する「まともな情報」が「普通の情報」として欲する者には手に入るような社会環境を作らなくてはならない。

そういう社会環境が完成されて初めて日本は、次のステージに移行することが可能になるのだろうが、現実は、「記者クラブメディア」のようなカルテルを〈解体〉ではなく〈懐中〉に入れることで、社会の〈退嬰〉を何かからの〈脱却〉だと信じ込める程度のズレた人間が権力を持ってしまっているのだから事は厄介なのだ。

町田選手のような周りが見え、事態を把握できるような人物が、傍目からは不可解にも思えるような行動を採るのは、
したがって尋常ならざる環境に対処する在り方としては、むしろ、オーソドキシーに満ちたものと評価すべきなのだろう。

注目すべきスポーツの環境ばかりではない、政治の世界もまた然りであることを、私たちは承知しているべきなのだ。

|

« 羽生選手、優勝おめでとう | トップページ | コンプレックスの塊は、あるいはそうであるがゆえに、“政治”のW杯開催を夢見るのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/58417916

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア町田選手の突然の引退発表に驚く:

« 羽生選手、優勝おめでとう | トップページ | コンプレックスの塊は、あるいはそうであるがゆえに、“政治”のW杯開催を夢見るのか? »