« 文明の移動と人類の未来 | トップページ

2015年1月21日 (水)

耐えられない世界の「演劇」臭さ

このところ「世界」で起きている「事件・事故」あるいは「経済現象」も含めて、どうにもそこから漂ってくる「演劇臭」のようなものに耐え切れそうもない。
洒落にならないのは、それらの“事象”により、実際に命を落としたり、生活を破壊されたりする方が膨大な数に上る点なのだが、
それを承知の上でなお、
「人工甘味料」のように後味の悪い「事件・事象」が次から次へと起こり/起こされ、そういうものに、たんたんと生きたいと願っているだけの多くの一般市民が巻き込まれていくことの理不尽さ、合点の行かなさというものを、誰かが指摘して口に出さなければ、
事態は益々悪化の一途をたどるしかないのではないかと思い、このようなものを書くことになる。

“世界”が、こういう『胡蝶の夢』のような事態にたちいたっているのは、いうまでもなく、世界中の人々の「生活」を置き去りにして、いい気な連中が“世界”を手玉にとりたくてとりたくて下らない無駄な足掻きだか動きだか投資だか知らないがしてみせるからだろう。

前回の、ウルグアイ大統領の演説に見たように、“世界”の支配層が達成したいと思っているだろう何事かは、市民の普通の「生活」とは、もはや殆んど何の関係もないものだ。

何の関係もないのにも関わらず、市民を「動員」したくてあるいは「共謀」させたくてたまらないがゆえに、やることなすことから「リアリティ」が喪われていく。
私たちが「リアリティショー」に吸引されるのは、自らの周囲の「現実」も、「現実に起きた事を伝えているはずのニュースの中の現実」も、あまりにも「現実感」に乏しいからに他なるまい。
だから「現実らしい現実」を求めて、「ショー化」されていようが何だろうが「ひりひりしたリアリティ」を思わず求めてしまうのである。

これは、ボードリヤールが「シミュラークル」と呼んだものと同じことだろう。

「シミュラークル」が「シミュラークル」を呼び、しかし、その過程の中で、実際に人の命が奪われたり、生活が壊されたりするために、「現実」を扱わなければならないはずの政治家や行政官僚が、責任逃れのために益々「シミュラークル」の屋上屋を重ねていくことになる。

これだけ“世界”のことを心配しているのに、実際に自分が事故にあったり病気になったりすれば、“現実”の取り返しのつかなさに応じて単に死んで行くだけなのに。
あるいは、“現世”の己れの繁栄をとことん夢見て、1%の仲間入りを果たしてみたところで、そこに欠落している“現実感”に飢餓感を覚えながら、結局は単に死んでいくだけなのに。

仏教や道教を持ち出すまでもなく、古来よりこのような“世界観”が存在していたことは、
我々の素晴らしい現在が、いかに古代よりイノベーションを達成していないかを、親切にも教えてくれる。

ただし、現在は、大勢の人間がジタバタし過ぎるため、滑稽さの度合いが著しくなっていることは確かなのだろう。

|

« 文明の移動と人類の未来 | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182932/58660305

この記事へのトラックバック一覧です: 耐えられない世界の「演劇」臭さ:

« 文明の移動と人類の未来 | トップページ